医療法人萌生舍 宮の沢腎泌尿器科 あなたのまちの 身近な腎泌尿器科 泌尿器科・人工透析 電話011-666-0123 FAX011-676-1131 札幌市西区宮の沢1条1丁目1−30宮の沢ターミナルビル2F

泌尿器科Q&A
神経因性膀胱とは?
聞き慣れない病名ですが、いったいどんな病気なのですか?

A.膀胱や尿道にかよっている神経が不調になって起こる排尿障害のことです。

 人間のからだには血管があり全身に血液を供給していますが、同じようにからだ中にネットワークをはりめぐらせているものに'神経'があります。手足が動くのも脳の命令が神経を伝わって伝達されるからですが、神経は手足だけでなく、内臓にも張りめぐらされています。たとえば、食べ物が胃に入ると、神経が察知して胃腸の運動や分泌を活発にします。内臓の神経は手足の神経とは違い、意志とは無関係にいわば自動制御で働いているため、自律神経と呼ばれています。

 自律神経は、膀胱や尿道にも存在し、とても大切な働きをしています。私たちは何も意識しないで生活していますが、尿が腎臓で作られて膀胱に少しずつ溜まっていくと、膀胱は自動的に内容量を感知して圧力を一定に保ったまま柔らかく膨らんでゆきます。やがてある一定量に達した時、膀胱は尿意という信号を脳に送りますが、その時点ではまだ膀胱の圧を上昇させず、柔らかさを保つように自動制御しています。そして、私たちがトイレに行き排尿せよという命令を下した時に、はじめて膀胱は収縮をはじめる仕組みになっています。

 尿道も膀胱と連動して働いています。膀胱が柔らかく膨らんでいる時には適度に緊張して尿が漏れないようにし、排尿の時にはじめて緊張をゆるめて尿を通す仕組みになっています。つまり、膀胱と尿道は単なる袋や管ではなく、神経というコンピューターで高度な作業を無意識のうちにこなす、精巧なシステムなのです。

 神経因性膀胱というのは、このような排尿の神経システムのどこかが狂った状態を総称した病名なのです。

どんな病気のときに神経因性膀胱になるのですか?

A.いろいろな病気やけがの時に神経因性膀胱は起こります。

 たとえば、脊髄損傷があります。交通外傷などで背骨をいためると脊髄にキズがつき、下半身麻痺などの神経障害を起こすことがあります。この時、多くの患者さんは神経因性膀胱になります。

 脳梗塞の時にも神経因性膀胱になります。脳梗塞は脳の血管が詰まる病気で、右半身麻痺や左半身麻痺になることがありますが、その時、高率に神経因性膀胱を伴います。
 同様に脳疾患の一種であるパーキンソン病でも神経因性膀胱になります。二分脊椎症という生まれつきの脊髄の奇形がありますが、その際も神経因性膀胱が生じます。
 また、子宮がんや直腸がんの根治手術では、膀胱や尿道の少し手前で神経が切断されてしまうことがあり、手術の後遺症として神経因性膀胱の起きる事があります。
 その他、脊髄小脳変性症や多発性硬化症などの脳脊髄変性疾患・脊柱管狭窄症・糖尿病性神経障害など、実に様々な病気の際に神経因性膀胱になることがあります。

神経因性膀胱になると、どのような症状が現れるのですか?

A.排尿がしにくくなったり、逆に尿が近くなり漏れやすくなったりします。
 しかし、自覚症状に乏しい場合もあります。
 膀胱に無理がかかると腎臓障害をきたしてしまうことがあるので、この病気の心配がある場合には、一度は診察を受けておく必要があります。

実際にどのような病院にかかったらよいのでしょうか?

A.神経因性膀胱はよくある病気であるともいえますが、ちゃんと診断してちゃんと治療するということになると、かなりの専門性を必要とする病気です。

 それでは専門の医師はどこにいるのでしょうか?
 まず大学病院にいます。大学病院には神経因性膀胱を研究する小さなグループがあり、そのグループの医師たちは、神経因性膀胱の専門家とその卵たちです。ただし、大学病院に行くといろいろな検査を勧められるかもしれません。 次に、大学病院のそのグループ出身の先生が、市中のどこかにいます。大きな総合病院やたくさんの泌尿器科医師が常勤する専門病院には、必ずしもいるとは限りません。

 実は私もそのような神経因性膀胱専門医のひとりです。 なお、神経因性膀胱の専門医の認定制度は現在のところまだ設立されておりません。

 きめ細かい診療を希望される方・自分の病気について詳しい説明を希望される方・そして、ある程度障害の重い神経因性膀胱の患者さんや比較的特殊な疾患による神経因性膀胱の患者さんは、できるだけ神経因性膀胱の専門医にかかるのがよいでしょう。

神経因性膀胱のそれぞれの病気による具体的なパターンを教えてください。

A.昔から神経因性膀胱にはいろいろな分類がなされています。  古い分類では、膀胱反射型・自律型・無緊張型などの区分がありますが、このような分類は実際の診療上あまり役に立ちません。やはり、原因疾患ごとに神経因性膀胱のパターンを説明するのが、一番実践に則しています。

 そう考えますと、脊髄損傷なら脊髄損傷の神経因性膀胱、二分脊椎症なら二分脊椎症の神経因性膀胱、というふうに、それぞれ別個の解説が必要になります。

 もし読者のニーズがあれば、これら一個一個についての解説をいつの日か、このHP上に作成してもよいとは思いますが、これはかなり膨大な作業になりますので割愛し、今回は、脳梗塞の神経因性膀胱についてのみ、各論の解説を設けることにします。