医療法人萌生舍 宮の沢腎泌尿器科 あなたのまちの 身近な腎泌尿器科 泌尿器科・人工透析 電話011-666-0123 FAX011-676-1131 札幌市西区宮の沢1条1丁目1−30宮の沢ターミナルビル2F

泌尿器科Q&A
泌尿器科解体新書
第06回 泌尿器科の「がん」とは?

 今日は泌尿器科の「がん」についてお話ししたいと思います。

 泌尿器科は腎臓以下の尿路(男女とも)と男性生殖器を診る科ですので、扱うがんの種類は多彩です。腎尿路のがんとは、腎臓がん・腎盂がん・尿管がん・膀胱がんなどであり、男性生殖器のがんには前立腺がんや精巣腫瘍などがあります。

 それぞれの「がん」にはそれぞれの特徴があり、詳しく説明すると本一冊になってしまうのですが、きょうはごく一部をご紹介します。まず好発年齢でみると、精巣腫瘍だけが20代30代の若年者層に多く発症します。またこれは自分で触れば見つかるがんなので、若い男性には時々お風呂で自己チェックすることをお勧めします。

 他のがんは全て中高年に生じることが多いもので、高齢になるほど発症の可能性は高くなります。その中で唯一血液検査でわかるのが前立腺がんです。PSAという極めて優秀な腫瘍マーカーが存在するからです。

 膀胱がんの多くは無症候性の肉眼的血尿を契機に発見されます。もしあなたが痛みや尿意亢進などを伴わない血尿を経験したならば、ただちに泌尿器科を受診して膀胱がんなどのチェックをしてもらってください。

 腎臓がんは症状の出にくいがんで、最近ではたまたま行ったCTなどの検査によって偶然に見つかるものが多くなっています。

 がん治療で一番大切なのは早期発見です。症状を専門医に相談し可能性の高いがんから効率的にスクリーニングしてください。

◀ 第05回 | ︎目次 | 第07回 ▶